白川眼科

大阪府大東市JR「住道」駅南口すぐ
医療総合ビルメディカルプラザ5階

072-870-1131
受付:8:30-11:30/16:00-19:00

白内障手術
Cataract

ホーム > 白内障手術

白内障について

白内障の原因

白内障での 水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。 白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。 目の老化で白内障が発症しますが、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。

目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは若いうちからの発症が多いことが知られています。
その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、 ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、 網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もあります。

白内障の症状

進行した白内障と眼内レンズ挿入眼

白内障は水晶体(レンズ)が濁り、視力が低下する病気です。
進行していくと、視界が暗くなったり、眩しく見える場合があります。
進行抑制のための点眼薬や内服薬がありますが、進行した白内障を改善するには手術が必要です。

当院の白内障手術

白内障手術はわずか約3mmの切開創から濁った水晶体を超音波乳化吸引装置にて吸引除去し、その同じ部分に直径約6mmの折りたたみの人工レンズ(眼内レンズ)を埋め込む手術をおこないます。(所要時間:10-15分程度)

  • (1)水晶体前嚢を切開する
    (1)水晶体前嚢を切開する
  • (2)水晶体の中身を吸引
    (2)水晶体の中身を吸引
  • (3)眼内レンズの挿入
    (3)眼内レンズの挿入
  • (4)眼内レンズの固定
    (4)眼内レンズの固定
日帰り白内障手術のご案内
当医院では、毎週木曜日に院長が手術を行っております。 手術を希望される方は、お気軽にご相談ください。

遠方の方・入院が必要な方

遠方で通院の困難な方については、ご希望があれば手術後の診察を近隣のご希望の病医院に紹介させていただきます。

また、数日間以上の長期入院が必要な方(入院管理を要する全身疾患を合併している場合など)につきましても、当院での対応が困難な特殊なケースについては提携先の病医院への紹介をさせていただいています。

セカンドオピニオンについて

手術に際して患者さんは他の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞く権利があります。もし、他の医師もしくは医療機関を受診されたい場合は、診療録を要約した資料をご提供しますので、その旨お申し出ください。

PAGE TOP